【猫のこごめ】のこと・・・・・

看板猫 こごめ が 実は12月1日から行方不明です。

年が明けて 1か月が経ってしまいました。

こんなご報告はしたくなかったのですが・・・

猫ちゃんに会いたくて・・・と、ご予約・ご来館下さる方も多かったので
一応お知らせしておこうと思い公表しました。
事故に遭遇してしまった形跡は無く、どこかでうろうろしていた目撃情報も

ありません・・。

草むらや土手を、名前を呼んで探して、田んぼ道や細い道、よその駐車場なども探しました。
地域の愛護センターや役場への連絡、ネットの迷子猫のサイトへの登録
コンビニに貼り紙のお願いなどもしました。
近所の犬の散歩をする人、毎日ウォーキングをしている人にも気にかけてみていただき

宿の女将さんたちにも声をかけましたが・・・・わかりませんでした。

悲しくて寂しくてお客様に「こごめさんは?」と聞かれると

たまらなくなってしまうので、とぼけた返事をしていました。。。ごめんなさい。

居なくなった前日
お隣の空き家の解体工事が始まりました。1週間続きました。
それがストレスになって家出したのか・・それが一番考えられる原因でした。
でも、1週間たっても帰らず・・
もしかしたら命の先が見えて自分から迷惑かけないようにこっそりと草むらで眠るように

虹の橋を渡って行ったのか・・・そう思えてさらに悲しくなりました。

いや・・・もしかしたら
忙しくて前みたいに毎日お散歩してあげなかったし

あまり遊んであげなかったから家から出て他の人の家で過ごしているのかも・・・。

いや・・・・

野生動物に追われてテリトリーから出て帰れなくなったのも考えられます。

色々な事を考えましたが想像にしかすぎません。

聞き込みをしてゆく中で、

「1年たったころ、ちゃっかり庭に現れたよ・・」とか

「一人暮らしの方に飼われていてその方が入院したら、突然帰って来たよ・・」とか
「3年したころ、よその家で違う名前で可愛がられて飼ってもらっていたのが
分かったんだ・・」とか・・・。
そんな話もたくさん聞きました。
今は、ようやく主人と「そう!こごめは誰かに飼ってもらってるんだ」
と思えるようになりつつあります。

そうしたら、少しだけ気持ちが楽になりました。

いつ帰ってきてもいいように外に餌を出しておくと今度は

近所のやせっぽっちなノラ猫がロビー前の庭に来るようになりました。

1匹はねずみとりのようなものに貼りついたのか、半身毛が抜けてけがをしていています。

可愛そうになって少しづつ仲良しになって毛を繕ってあげるくらいまでになりました。

近いうちにノラ猫ちゃんOKの獣医さんで避妊手術をしてあげて、

また外に返そうと思っています。

ロビー前で、ガラス越しに姿を見かける事があるかもしれません。

この野良たちに「ね~こごめさん連れてきてくれたらもっとおいしいのあげるよ~」と

話しかけていますが、こごめさんはまだ現れません。

どこに行ってしまったのか・・・・

そんなご報告でした。。。