ツバメ *危機一髪*

毎年、樋口の軒下にツバメが巣を作ります。

以前はロビー前でしたがここ2年は玄関脇の軒下です。

ヒナが生まれこんなふうに頭を出して可愛い姿を見せてくれていました。

それが!!!

一昨日の昼間、お掃除の従業員さんが

「女将さ~~ん!ツバメが!!」と叫んで「早く早く!」と・・・・

見ると蛇がこの巣に入り込んでいるではありませんか!

ツバメ可愛さと蛇の怖さ・・・

ん~!こんな時はツバメを守らなきゃ!!と

棒を持ち出し、蛇を落としました・・・・が!一緒に巣も崩落してしまったんです。

落ちた蛇は、まだヒナを一羽丸め込んで今にも締めようとしています。

必死で蛇に離せ!!と攻撃してみると

鳥を離して私にカマ首を持ち上げています!

もう一度追い払い、急いでカゴを見つけてきて

鳥をかき集めました。

巣の残骸と枯葉を敷いてヒナを入れ高いところにとりあえず設置

もう2羽はあまり元気がありません。

親鳥は騒ぎっぱなしでなかなかヒナを見つけてくれないし・・

どうしよう・・と思っていると!

一番元気な一羽が親鳥の声に気づき、親鳥を呼ぶようになりました。

夕方、もう一羽、地面に落ちたとき葉っぱの影に隠れていたと思われるヒナ発見。

これで4羽。
呑まれたヒナはどうやら1羽だったようです。

あとは親鳥が巣に餌を運んできてくれればOK。

雨の当たらない安定した場所に巣を移し、日光が当たらないように簾で隠し

ダンボールに竹かごを入れて・・・・でもなかなか親鳥が近づいてくれません。

試しにダンボルを取って籠だけに・・・

すると、ようやく親鳥が餌を運び始めました。

元気の無かった2羽もだんだんに鳴いて餌をもらうようになり

日が暮れるまでに4羽みんな元気にエサをもらうようになりました。

親鳥こ鳴き声がすると、この四羽が一斉に顔を出します。

巣立つまで蛇から守ってあげるのが今は私の役目

タバコの吸殻を水につけた液を、この土台になってる看板の足元付近にまいて

蛇よけもしました。(そうにするといいよ・・と、従業員姉さんのご主人が教えてくれて・・)

早く飛び立てる日が来るといいな~と思います。